1. トップページ
  2. 法人・個人事業のお客様
  3. 経営支援
  4. 事業承継支援

事業承継支援

北海道においては8割以上の企業が、従業員5名(商業・サービス業)または20名(製造業・他業種)を下回る「小規模企業」です。いわば地域経済を支えているのは小規模企業といっても過言ではありません。
しかし、事業承継においては経営面でも財政面でも多くの課題を抱えています。
当組合ではこうした小規模企業の事業活動を長期に渡って持続させるため、官民連携により道内小規模企業への支援を行っています。

セミナー、個別相談会の開催

2013年より独立行政法人 中小企業基盤整備機構(中小機構)に講師を依頼し、個別相談会や事業承継セミナーを実施しています。

セミナー 2014年 札幌・千歳・旭川で開催
個別相談会 2013年より毎年開催

「北のふるさと事業承継支援ファンド」の設立

2017年に「北のふるさと事業承継支援ファンド」(北のふるさと事業承継支援ファンド投資事業有限責任組合)を設立。
地域経済・雇用を支える小規模企業の事業活動の継続を図るため、官民連携による道内小規模企業への資金供給により、円滑な事業承継を支援することを目的としています。
同組合には北央信用組合の他、北海道の大手地銀・信用金庫、自治体も参加。
2018年3月には第1号投資先事業者が決定しています。